ベトナム移住【お悩み相談】

【芸能人もアテンド】ベトナム情報はDanang Ryoko Blogで♪

スンサーリンク

皆さん、初めまして!ベトナム在住4年目のDanang Ryokoです。

Ryoko
26歳の時に単身ベトナムへ移住して、ベトナムの中部に位置するダナンでオーガニック化粧品ショップtaran.を経営しています。ベトナム情報やおしゃれカフェ、海外移住生活、海外起業情報などを4年間の在住経験をもとに、ベトナムの魅力をギュギュッとお伝えしていきたいと思います!
アンちゃん
初めましてRyokoさん、どうしてベトナムに移住してきたんですか?

ベトナム移住のきっかけ

 ベトナムに初めて来たのは4年前で、友人に誘われてたまたま旅行で来たのが最初です。ベトナムのことも、ダナンのこともよく知らず、友人からのお勧めで行くことに決めました。

 もともと海外旅行にもあまり興味がない私でしたが、その時に日本で働いていた観光業のお仕事に熱中していたので、旅行中も観光地としての可能性をお仕事の視点で見てものすごく感じました。20代のうちに起業したいという願望もあったことから、帰国後1ヶ月悩んで退職を決めました。旅行から4ヶ月後にはベトナムに移住していました。

 「起業したいと思った経緯」や「ベトナムのどこに可能性を感じたのか」や「実際に移住して幸せだったのか?」など、詳しくはまた別の記事で書いていこうと思います!

ベトナム4都市に住んだ経験

最初の旅行から半年も経たないうちに移住した私ですが、最初から起業してお店を構えた訳ではなく、ベトナムの法律や物の相場、色々な情報を出発前の準備段階では不明な点が多かったので、1年は現地就職をしようと考えていました。最初のお仕事は、ベトナムの南部にあるホーチミンでのカフェの立ち上げのお手伝いでした。しかし現地に行って1ヶ月後にはこのお仕事が白紙になってしまい、私は早速職を失いました。

ホーチミンでの1ヶ月で出会った方の中で私が前職で大手お菓子メーカーに勤めていた経験から、次はハノイでのカフェの立ち上げをお手伝いして欲しいとご依頼を受けハノイに行くことになりました。※さすがカフェ大国、カフェのお仕事多いです。

そんなこんなで、ホーチミンを離れ次はベトナムの北部に位置するベトナムの首都ハノイに移住しました。そこからグランドオープンまでの約8ヶ月をハノイで過ごし、いよいよ目的だった起業をするためベトナム中部のリゾート地ダナンに移住しました。

ダナンに来てからお店をスタートさせるまでの記録はとても長くなってしまうので、また別の記事でお話ししていきます。2017年12月26日に幼い頃からアトピーで悩んできたい経験から、ベトナムの素材を使ったオーガニックコスメtaran. をオープンしました。今年の12月で3周年を迎えるのですが、世界中で大流行している新型コロナウィルスの影響で、3月よりお店は休業しています。

これを機に、今までの4年間をきちんと振り返り、何かこれから海外やベトナムに興味を持っていらっしゃる方に役に立つ情報を配信しようとコロナの期間からYouTube、Blog、そして今まで足りなかった学びに力を入れています。そしていろんなことを整理するためと、以前から興味があった日本人が10人以下、世界遺産の街ホイアンに移住して情報を整理しています。

これからのこと

今まではなかなかInstagram以外の媒体で情報をお伝えできていなかったので、より細かく今までの4年間の総集編を特にブログでは細かくまとめていきたいと思います。

また、ベトナムの情報以外にも1つの生き方の事例として、【海外移住】【20代起業】【思考法】や【オーガニックコスメ】【アトピーの治し方】など私が経験してきた失敗や成功エピソードなどもお伝えしていけたらと思います。

Ryoko
最後まで読んでくださり、ありがとうございます♪それでは、また次回の記事でお会いしましょう!

 

Danang Ryoko

■ベトナム在住・ダナン⇆ホイアン ■26歳単身ベトナムに渡り起業 ■幼少期からアトピーで悩む→オーガニックコスメショップ『taran.』 ■コロナ期間・働き方改革と勉強中

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

Danang Ryoko

■ベトナム在住・ダナン⇆ホイアン ■26歳単身ベトナムに渡り起業 ■幼少期からアトピーで悩む→オーガニックコスメショップ『taran.』 ■コロナ期間・働き方改革と勉強中

-ベトナム移住【お悩み相談】
-, , , , ,

© 2022 Danang Ryoko Blog Powered by AFFINGER5